Illustratorでポリゴンのパターンを作る

この記事をシェアする

スポンサードリンク

アイキャッチ画像

こんにちは、シロマ@mademodeです。

今回は、上のアイキャッチのようなポリゴンのパターンをIllustratorで作成する方法を紹介します。

繋ぎ目のない、シームレスなパターンです。

最近のWEBデザインではよく見かけるような気がします。

作成手順

まずはじめに、300×300のアートボードを作成します。

ポリゴン作成方法

上のような感じでペンツールで三角を描いて敷き詰めていきます。

コツは、アートボードの三つの隅に三角の角が来るようにします。三角は大きいものや小さいものバラバラに書いていきます。上の画像のようにL字型に。

ポリゴン作成方法、ダイレクト選択ツール

ダイレクト選択ツールに切り替えて、

ポリゴン作成方法、角を選択

アートボードの角にあるアンカーポイントをまとめて選択します。

ポリゴン作成方法、アートボードに整列

整列パネルの「アートボードに整列」を使って、端になるように整列させます。

これを三つの角に施します。

ポリゴン作成方法、着色する

そしたら適当にグレーの色を付けていきます。好き勝手着色して下さい。

選択ツールで全ての三角を選択して、ツールバーの「オブジェクト」→「変形」→「移動」を開きます。

ポリゴン作成方法、水平方向に移動

アートボードの長さを水平方向にマイナスしてコピーします。

 

ポリゴン作成方法、三角を選択

そして、再度元の三角の塊を選択します。

 

ポリゴン作成方法、垂直方向に移動

次は垂直方向にコピーします。

ポリゴン作成方法、コピー後

アートボードに入っていない不要な三角は消してもOKです。

ポリゴン作成方法、不要な三角を削除

そしたら、ペンツールを使って隙間を埋めていきます。

ポリゴン作成方法、線を非表示

三角の線もいらないので非表示にします。

ポリゴン作成方法、パターン化

選択ツールで全て選択して、「オブジェクト」→「パターン」→「作成」を選択。

ポリゴン作成方法、パターン範囲調整

出てきたパネルの左上をクリックするとパターンにする範囲を調整できます。

ポリゴン作成方法

アートボードの範囲をパターン化します。

 

これで、パターンが追加されました。慣れれば結構簡単にできます。

また、画像として書き出しておけばPhotoshopでも利用できますね。

この記事のアイキャッチのように、グラデーションを透過させると良い感じになるのでおすすめです。

スポンサードリンク

<CSSだけでボタンが出入りするトグルボタンを実装

【CSS】transform skewで背景を斜めに表示させる>

この記事をシェアする